豊洲にできた【チームラボ】の巨大体験型施設に早速行ってきたから、中身全部教えます!!

インドア美容師 松岡です。

普段はあまり遠くまで出掛けません。

しかも、最近暑いし。

しかし、そうも言ってられません。

6時間以上待ちのまま47日間で幕を閉じた、DMM.プラネッツ(2016)が進化。超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM .com」。東京・豊洲に2020年まで期間限定オープン。

これ。

あの【チームラボ】の巨大体験型施設が豊洲にできたのです。

というわけで早速行ってきました。

場所はりんかい線ゆりかもめの新豊洲駅から徒歩1分。

もしくは東京メトロ有楽町線豊洲駅から徒歩10分です。

外観はこんな感じ。

チケット毎に30分おきに入場時間が決まってるのですが、行列が出来ていました。(平日なのに)

夕方17時頃でしたが、15分くらい待ちました。

中に入ると、『靴も靴下も脱いで下さい』と言われます。

カバンも全部ロッカーに預けなければいけません。

そして、膝まで濡れるので短パンも貸し出ししています。

この時点で僕はどんな施設なのか全く見当もつきませんでした。

で、とにかく準備を終えて入場。

お化け屋敷みたいなところを進んで行きます。

で、その後いきなり水が流れてくる坂道を登らされます。

もう足びちょびちょです。

坂の上には滝が。

『あぁ、これがあるから裸足になったんだ』

と、思いましたがそれは全く的外れでした。

その次は、

低反発クッションの地獄みたいなところを歩かされます。

ここは絶対コケます。

真っ直ぐ歩けません。

2秒に一回人が転んでいました。

お次はこれ。

死ぬ程輝くエリア。

自分がスモールライト浴びてシャンデリアの真ん中に立たされた気分になります。

上も下も。

気が狂いそうになります。

そして、次が裸足の本当の理由。

白濁色の入浴剤の入った足湯です。

嘘です。

でも、よくわからない白濁色のプールの中に入っていきます。

カオスです。

水面に光の演出が映し出されます。

鯉が泳いでいます。

これ、写真じゃ全然凄さ伝わらないやつです。

ナマで見たら鯉を捕まえようとしてしまうか、ビビって鯉を避けようとしてしまいます。

そして、次は。

バルーンエリアです。

でかいバルーンがめっちゃ沢山あります。

めっちゃ楽しい場所です。

楽しすぎてめっちゃ遊びました。

そして、ラストは

プラネタリウム的なやつです。

ドーム状のスペースにお客さんが座ったり寝転んだりして天井に映し出さされる映像を眺めます。

これがめっちゃ綺麗です。

どうせ写真じゃ伝わらないし、一生懸命説明しませんが、めちゃクソ綺麗です。

気持ちよすぎて私ここで20分くらいガチ寝してしまいました。

と、これで全て終わりです。

取り敢えずメチャクチャ楽しめました。

このブログを読んでちょっと満足した方がいたとしたら…

甘いです。

これは体験型施設です。

自分で体験しなければこの凄さは全く感じられないでしょう。

写真では伝わらない、肌で感じるアートがここにはあります。

この施設2020年の秋までしかやってないそうです。

いつか行こうとか思ってると、結局行きそびれるパターンですよ皆さん。

夏のおでかけには超オススメスポットです。

【雑誌】 Pen ペン 2018年 7/1号 No.454 アートの境界を超えるクリエイティブ集団 チームラボの正体。男性 ライフスタイル カルチャー 情報誌 国内 海外 BOOK デザイン 本 書籍 【RCP】

価格:700円
(2018/7/12 01:54時点)

6時間以上待ちのまま47日間で幕を閉じた、DMM.プラネッツ(2016)が進化。超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM .com」。東京・豊洲に2020年まで期間限定オープン。

松岡 LINE@  【ブログの更新のお知らせが届きます】  髪のご相談もこちらからどうぞ!  友だち追加
<スポンサード リンク>

いいね!と思った方は是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種SNS!フォローしてね!