コロナ自粛3日目。海外の美容師って国家資格必要なの?

吉祥寺 美容師 松岡です。

コロナ自粛休業3日目。

海外の美容師さんってどんな感じのプロセスで働いてるのかな?って気になりました。

色々ネットで調べましたが、めーっちゃ情報が少ない。

私が調べて出てきたのはこれくらい。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/美容師

ブラジリアンワックスヘアーサロンはMaeAlegria へ08031115476maealegrinnha@gmail.com寒くなってきましたね私の大っ嫌い…
 今年7月、モスクワ都心にロシア初となる日系美容室Kirameki Moscowがオープンした。ロシア在住の日本人の数は首都モスクワでも2,000人程度に留まる。そのような厳しい環境下で何故、日系美容室をオープンさせるに至ったのか。代表スタイリストの横山誠人氏にインタビューした。

色々要約すると、その国の資格が必要なのは

アメリカ、ドイツ、韓国などらしい。

フランスも資格があるようですが、そんなことより語学がキチンと出来ないと働くことが相当難しいようです。

イギリス、イタリア、スペイン、シンガポール、オーストラリアなんかはなくても大丈夫そうです。

ブラジルは広いのもありますが、細かい自治体によってバラバラなようです。

というか、他の国は免許がいらない。もしくは免許制度はあるけど別になくてもなんとかやれちゃう。

みたいなところが多いみたいです。

中国もそんな感じだったので今までは日本人スタイリストが人気だったみたいです。

しかし、最近は中国でもしっかりした免許制度を取り入れるようとしているそうです。

で、何が言いたいかというと美容師という職業でもこれだけ国が管理している資格があり、その資格を有していないと働けない。

という国はそうそうないのです。

なんですけど、日本の美容師試験はすごい難しいか?と言われるとそうでもないんですよね。

まぁ、だから私も美容師になれたんですけどね!!

それでは、また!


松岡 LINE@  【ブログの更新のお知らせが届きます】  髪のご相談もこちらからどうぞ!  友だち追加


<スポンサード リンク>

いいね!と思った方は是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種SNS!フォローしてね!