東京都遂に休業した美容室に最大30万円の給付!って国から生活に必要な事業で休業要請されなかったけど?

吉祥寺 美容師 松岡です。

いや、おかしいだろ。

東京都は28日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として大型連休中の4月30日~5月6日に自主休業した理容室と美容室に対して給付金を支給することを決めた。1店舗の場合は15万円、2店舗以上の場合は30万円を給付する。

4/28(火)の夜、東京都は4/30(木)から5/6(水)まで自主休業した理美容室に最大30万円給付すると決めた。(一店舗の場合は15万円)

というニュースですが、

私が個人的に思った事を綴ります。

・本日28日は火曜で殆どのサロンが休み(というか夜発表なので今日はほぼ何も出来ない)明日29日の1日で4/30〜5/6の間に予約して下さっているお客様に連絡するのはかなり大変です。

・で、それほどの労力を費やして1店舗経営なら15万円の給付(ゴールデンウィーク営業すれば売り上げ15万は流石に越える)2店舗でも30万円。このご時世金額は死活問題。

・何故、今日というタイミング?

今日までにいくつか大手サロンが営業再開の発表したのをSNSで見ました。4/29からだったり5/1からの再開サロンが多かった。

発表が遅過ぎ。

いのちを守るStay Home週間は4/25から始まっています。

美容室に行きたい人は山ほどいるんだから、会見で『まだ決まってないけど、理美容室にも給付金を検討していて、自主休業としてご協力してくれる事業所を助けたい』

とか言ってもらえてれば、対策や用意もできた。

・そもそも、理美容室には政府から休業要請は出していない。

 緊急事態宣言を受け、「理髪店」も閉まるのか――。 東京都の対応案では、理髪店を「基本的に休止を要請する施設」としているのに対し、特別措置法担当の西村康稔経済再生相は7日、「理容室、散髪屋さんは制限の…

「生活を営む上で必要な事業だ。従って、引き続き継続して事業ができるように考えている」と西村経済再生相が国会で答弁しております。

ゴールデンウィークだけは必要じゃないの?

というか、休んでる事業所にお金出すってホントは『休んでほしい』って思ってるっていう事です。

国はそう言えないので東京都が独自に『自主休業』しているサロンを助けたいと決めてくださったのだろうと思います。

・『自主休業』とは『自己判断で勝手に休んでる』という事です。

それ、5/7の緊急事態宣言の発令日からサロンが悩んで決めてた事です。

なんで5月初旬から5/29まで自主休業してた所には給付金を出さないのでしょうか?

こちらの方が長い期間です。

謎過ぎるので偉い人教えて下さい。

まとめ

なんだか、後手後手間が凄いです。

取り敢えず4月初旬から今日まで休業してた所には出しましょうよ。

1、政府は理美容室に休業要請をしないから東京都も要請出来なかった。

2、けど、意外に都内の大手サロンは自主休業してくれてた。

3、だけど、今週から営業再開すると発表するサロンが結構いた。

4、ステイホーム週間なのでゴールデンウィークに美容室に行くために人が外に出たら、外出率8割減が出来なくなり、緊急事態宣言の延長を助長するのが懸念され始めた。

5、東京都は美容室が多すぎるので(2万件超)予算が多く出せないし、理容室と差がつけれないので1店舗15万、2店舗以上で30万。

ハッキリ言ってお金の問題ではないです。

最初から政府は理美容室は休業要請対象外と言っても、東京都はそれをつっぱねて『理美容室も休業お願いします、お金は出せるかわかりません』と言えばよかったんです。

なんで5/8から5/29まで休んだサロンは1円も出ないねん。

どこに寄り添ってるのか全くわからない。

僕は雇用されてる人間だからどうにでもなるけど、経営者はホンマに腹立つと思うわ。

美容師もっと選挙行った方がいいよ。

では、また。

松岡 LINE@  【ブログの更新のお知らせが届きます】  髪のご相談もこちらからどうぞ!  友だち追加

<スポンサード リンク>

いいね!と思った方は是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種SNS!フォローしてね!